終わりのある脱毛【Vライン訴求】

VIO脱毛について☆広島VIO脱毛ナビ

VIO脱毛やハイジニーナ脱毛は珍しいものではなくなりました。

 

欧米では、VIOのお手入れは必須と言われるほど、国内でもVIOのお手入れをする女性は増加しています。

 

 

VIO脱毛 

 

 

とはいえ初めてのVIO脱毛は戸惑いのあるもの。

 

VIO脱毛が初めての方でも不安なくVIO脱毛が始められるように、アンダーヘアのお手入れ、そしてVIO脱毛についてまとめました。

VIO脱毛の範囲〜アンダーヘアーのお手入れ

水着の前に必須!Vライン脱毛

 

水着を着る前に必ずチェックしたいのがVライン(ビキニライン)。

 

特にアンダーヘアが濃い目の方は要注意、はみ出ることのないようにVラインはお手入れ必須の部位。

 

比較的お手入れしやすい部位なので自己処理している方もいらっしゃるでしょう。
間違った自己処理は黒ずみや埋没毛などのトラブルの元、くれぐれも注意が必要です。

 

Vライン脱毛は、脱毛サロンやクリニックでも安価で手軽に始められることもあり、ワキ脱毛と並んで人気の部位です。

 

 

 

V,I,Oの範囲について

 

一般的にVラインとはビキニラインを言いますが、脱毛サロンによっては範囲が異なります。

 

サロンによっては、VラインをVラインサイド(いわゆるビキニライン)とVラインに分けている場合があります。
この場合のVラインは、サイドを除いた前面の三角形部分を指します。VIO脱毛を始める際は、確認が必要です。

 

 

Iラインは、女性器周辺の縦ライン、VIOの中でももっともデリケートな部位です。

 

Iライン脱毛後は、Tバックや小さ目の下着やビキニが存分に楽しめるようになります。
さらには、生理時の蒸れやニオイが解消されるなどのメリットが多いことから、Iライン脱毛をする女性が増加しています。

 

脱毛サロンや医療レーザー脱毛でIライン脱毛ができますが、粘膜に生えた毛は基本的に脱毛できません。

 

Iライン脱毛は、特に痛みを感じやすいという特徴もあります。
粘膜が近いIラインはとにうかデリケート、毛抜き等を使った自己処理は危険、止めましょう!

 

 

最後にOライン、Oラインは肛門周りを指します。

 

自分で処理するのは難しい部位。しかも、普通見えない部分なので、どれくらい毛があるのか実は把握できていない部位でもあります。

 

鏡で見たところ、おしりまでびっしり毛が生えていてビックリ!?というのは珍しい話でもありません。

 

処理後はデリケートゾーン全体が衛生的になるので、おすすめの部位です。恥かしいと思われがちなOライン脱毛ですが、処理自体はほんの数分、あっと言う間におわるので思いのほか平気なものです。

広島VIO脱毛料金のまとめ↓↓

VIO脱毛,広島,医療レーザー脱毛